過去に掲載した資料はこちらをご参照ください。

嚥下調整食学会分類2013 (Japanese Dysphagia Diet 2013 by the JSDR dysphagia diet committee (JDD2013))

発達期嚥下調整食分類

嚥下内視鏡検査

嚥下造影

訓練法

  ※補足資料:過敏の除去(脱感作)の図の変更について(PDF)

評価

  • 摂食嚥下障害の評価【簡易版】2015(PDF)
    <改訂水飲みテスト 補足> (2016.01.04)
    なお念の為に注意として、改訂水飲みテスト自体がとろみ水を用いても評価可能と変更になった訳ではない。とろみ水を用いて改訂水のみテストの基準を参考にして評価を行う場合があるため、臨床場面を想定して記載したものである。とろみの程度以外にも、温度(常温か、冷たいとろみ水かなどの情報)、体位などを記載することが望ましい。改訂水飲みテストもとろみ水を用いる場合にも、訓練による経時的変化を評価することがある。

    ※訂正のお知らせ(2016.05.09)
    8.脱水・低栄養
    3行目:18.5 未満は高度栄養障害と判定→<訂正>18.5未満は痩せと判定

間歇的口腔食道経管栄養法の標準的手順