個人情報の取扱いに関するお知らせ

日本摂食嚥下リハビリテーション学会は、個人情報に関して次の規定に従い適切に取り扱うよう努めます。

1. 個人情報の収集

日本摂食嚥下リハビリテーション学会(以下、本会)は、事業目的に沿った活動を行うため、特定の個人を識別できる情報を必要な範囲で収集します。個人情報を収集する際は、その目的を明示するとともに、提供者の意志に基づいて行うことを原則とします。

個人情報の利用目的
1.学会の運営
  • 会員登録、登録事項変更時の訂正、退会手続き
  • 年会費管理
  • 学会雑誌、連絡書類等の発送
  • 会員名簿作成
2.学会誌の編集
  • 著者への問い合わせ
  • 評議員への投稿論文査読依頼、等
3.学術大会の運営
  • 会員確認(演題申込み時、参加登録時、当日受付時)
  • 演題申込み、参加登録、資料発送、等

※ 学術大会運営を外部業者に委託する場合は、大会長が委託先の監督を行い、大会長と外部業者の各々から学会理事長宛に、個人情報の取り扱いを遵守する旨を明記した誓約書(学会様式)を学会事務局に提出いただく。
4.学会が行う調査
  • 会員を対象とする実態調査
  • 会員を対象とする学術調査
5.地域の啓蒙・
研究活動などへの支援
  • 関連団体が主催する「理事会が承認した研修会、セミナー等の案内」
  • 関連団体が行う「理事会が承認したアンケート等の調査」

※ 第三者提供に関する理事会内規:理事会で利用内容を把握し、摂食嚥下リハビリテーションの啓蒙、研究などの活動を支援する上で有用と判断された場合、当該団体から個人情報の取り扱いを遵守する旨を明記した誓約書(学会様式)を提出してもらった上で、該当学会員の名簿(氏名、職種、所属、所属住所、所属連絡先)を提供する。提供後は、学会誌に提供についての案内を掲載する。

2. 個人情報の利用

本会は、収集した個人情報を収集目的の達成のために必要な範囲で利用します。ただし、次のいずれかの場合には収集目的以外に利用または提供することがあります。

  • (1) 提供者が個人情報の開示に同意・承諾している場合
  • (2) 事業目的の達成に必要な範囲内において個人データの取扱いを委託する場合

    (例:会員情報Web データ管理・会費の請求・会誌の配送等の委託)
  • (3) 本会の会務運営上必要と理事会が判断した場合
  • (4) 法令の規定に基づき、開示を求められた場合

3. 個人情報の管理

本会は、収集した個人情報が外部へ漏洩したり、破壊や改ざんを受けたり、紛失することのないよう適切な管理に努めます。 また、業務委託した業者・団体等へは、本会と同様に適切な管理がおこなわれるよう、契約書等により義務付けをします。

4. 個人情報の開示および訂正等

本会は、個人情報の提供者から自己に関する個人情報の開示の請求があったときは、原則として遅滞なく開示します。 また、自己に関する個人情報の訂正等の申し出があったときは原則として遅滞なく訂正等を行います。

5. Web サイトにおける扱い

当サイトの利用は、利用者の責任において行われるものとします。 当サイト、および当サイトにリンクが設定されている他のWeb から取得した各種情報の利用によって生じたあらゆる損害に関して、本会は一切の責任を負いません。

6. 個人情報の取扱いに関する規定の変更

法律の変更に準じるため、または、その他の理由により、予告なく本規定を変更する可能性があります。 本会の収集した個人情報に対しては、常に最新の規定が適用されます。 このような変更は本学会Web サイトに掲載され、掲載日より効力を発揮するものとします。

7. 個人情報の取扱いに関する問い合わせ先

個人情報に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
一般社団法人 日本摂食嚥下リハビリテーション学会事務局
TEL:052-848-6570 FAX:052-848-6569

SSLについて
当会のウェブサイトは、個人情報を保護するために「SSL」に対応しています。「SSL」に対応したブラウザを使用することで、入力される名前や住所あるいは電話番号などの個人情報が自動的に暗号化されて送受信されるため、万が一、送信データが第三者に傍受された場合でも、内容が盗み取られる心配はありません。
※SSL(Secure Socket Layer)とはインターネット上で、情報を暗号化して通信するセキュリティ機能です。

アクセスログについて
当会のウェブサイトでは、アクセスされた方の情報をアクセスログという形で記録しています。アクセスログは、アクセスされた方のドメイン名やIPアドレス、使用しているブラウザの種類、アクセス日時などが含まれますが、通常は個人を特定できる情報を含むものではありません。これらのアクセスログはウェブサイトの保守管理や利用状況に関する統計分析のために活用されますが、それ以外の目的で利用されることはありません。